ホールボディカウンター AT1316

Igamma

椅子型デザインで着席した姿勢のまま体内の放射線量が測定可能な全身カウンターです。

体内の放射能を3分間で測定し、1時間に15人の測定が可能。チェルノブイリ原発事故後、ベラルーシを中心に 多数の納入実績があります。

  • 製品名:AT1316
  • 開発製造:ATOMTEX社製
  • 販売:GEIGER-JP(株式会社ゲッコー・アンド・カンパニー)
  • 受注開始:2012年1月30日
  • メーカー希望小売価格:850万円(税別、運送料別途)

放射線計測機器の専門メーカー「ATOMTEX」社とは

ベラルーシ共和国に本拠を置くATOMTEX社は、【Minsk Science and Research Instrument-Making Institute】から 1995年に分離独立した組織で、放射線計測機器の開発・製造で30年の経験を有する専門企業です。 ISO9001も獲得しており、その品質の高さは国際原子力機関(IAEA)の発行する技術書「IAEA-TECDOC-1564」 にも紹介されています。

bottomimg
商品スペック
NaI(TI)検出センサーサイズφ150×100mm
ガンマ線測定エネルギー範囲0.05~3MeV
検出限界
(成人がセシウム137を3分間測定した場合)
300ベクレル
測定誤差±15%
測定核種(標準モード)セシウム137、カリウム40
セシウム137検出センサー分解能±12 %以下
測定時間1人あたり3分間
設定場所の環境放射線線量率0.20μSv/h以下
測定可能温度範囲10?35 ℃
湿度75%以下
電力200VA以下
重量250kg
最小設置面積2000×1500 mm
国際規格対応IEC61582
仕様詳細等に関しましては下記をご参照下さい。(外部サイト・英語)
ATOMTEX
topimg

製品に関するお問い合わせ

法人様の場合は下記商社様経由でも購買可能です。

製品に関するお問い合わせはこちらからお願いいたします。 お問い合わせ

bottomimg

放射線測定器

電気自動車

オープン開発系ガジェット

電子書籍リーダー

カーナビゲーション

Android携帯ゲーム機